過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、ストレスや緊張をきっかけに、腹痛・下痢・便秘や腹部の不快感といった症状がくり返される病気です。
IBSとも呼ばれています。

主な症状

過敏性腸症候群の主な症状は、腹痛、腹部の不快感、便通異常です。
頭痛や疲労感、精神不安定など、消化器官以外の症状が見られることもあります。

  • 腹痛(特に左下腹部。場所が一定しないものもあります)
  • とつぜんトイレに行きたくなるのが心配で、通勤・通学・外出できない
  • 便秘になる
  • 下痢と便秘を交互に繰り返す
  • お腹が張る、ごろごろ鳴る

治療方法

症状を抑えるためのお薬を処方し、ストレスを感じる状況に耐性を付けるため、行動療法を行っていきます。

治療についての注意点

日常生活に影響が出ている場合は心療内科を受診されることをおすすめします。
過敏性腸症候群は完全に治ることの少ない病気ですので、完治することにこだわらず、日常生活のなかでどう病気と付き合っていくかを学ぶことも大切です。