社交不安障害

社交不安障害とは

社交不安障害(SAD)は人前に立つことに強い不安を感じる病気です。
個人の性格上の問題と思われがちですが、社交不安障害では人の注目を浴びる行動に強い苦痛を感じ、身体に症状が現れたり、そうした場面を避けることで日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

主な症状

他人に評価されたり、注目を浴びる行動を強く不安に感じます。
身体に現れる症状では、次のようなものが挙げられます。

  • 顔が赤くなる
  • 動悸・息切れがする
  • 身体や声が震える
  • 汗をたくさんかく
  • 吐き気がする
  • めまいがする

治療方法

薬物療法ではSSRIという精神面に影響を与える物質のバランスを保つ薬や、不安を抑える抗不安薬で治療します。
薬を使わない治療法では、なぜ不安が発生するのかを知り、不安が生まれる状況に少しずつ慣れていき、成功経験を積むことで克服する精神療法があります。

治療についての注意点

社交不安障害の症状は、軽くなったり、重くなったりを繰り返しながら改善されていきます。
一時的に症状が良くなって気を抜いたり、重くなって落ち込んだりせずに、克服したと感じるまでしっかりと治療を続けることが大切です。