適応障害

適応障害とは

適応障害とは、学校や会社、家庭などにおけるある状況や出来事を非常に辛く感じ、身体や精神面に症状が現れ社会生活に支障をきたしてしまう病気です。
うつ病は常に憂うつな気分が続き、何も楽しめなくなってしまうのに対し、適応障害は原因から離れると症状が改善し、趣味を楽しむことができる場合もあります。

主な症状

適応障害の症状には次のようなものが挙げられます。

  • 憂うつになる
  • 不安になる
  • 意欲や集中力が低下する
  • 頭痛、めまい、動悸等

行動面では無断欠席、暴飲暴食、喧嘩、乱暴運転などがみられることもあります。

治療方法

適応障害はある特定の状況によって引き起こされるため、原因を特定し、取り除くことができれば症状は次第に改善されていきます。
原因が家族のように離れることが困難なものである場合、考え方やものの見かたを変え、適応力を高めるために認知行動療法という治療を行っていきます。
精神的・身体的な症状を抑えるためにお薬を処方する場合もあります。

治療についての注意点

適応障害の治療は薬物療法だけではなく、置かれている環境を良くしていくことが重要になってきます。
治療している間は悪いことにばかり目が行ってしまいがちですが、症状が良くなっていることに意識を向けるようにしましょう。